イベント情報

第24回講演会 赤ちゃんはなぜ何でもなめたがるのか

2020年1月24日(金)開催!

テーマ 人の腸内フローラは3歳までに決まる
内容

アレルギー疾患が先進国で急激に増えています。その原因は乳幼児期の感染機会の減少だという「衛生仮説」が今、有力になってきました。昔は家畜を飼い、外で農作業するなどの生活様式が主でしたが、現在ではそのような機会は激減しました。加えて、抗生物質の頻繁な使用や除菌剤の乱用により、乳児期に多様な細菌と接する機会が減っています。それと反比例するようにアレルギー疾患が急増したというものです。

最近、腸内細菌の研究で明らかになった事実は、腸内細菌の種類は生後一年半で、ほぼ決まってしまうということです。しかも、私たちの腸に存在する腸内細菌のうち、日和見菌の大部分は私たちの周りにいる「土壌菌」であることも明らかにされました。

「赤ちゃんが何でもなめたがる」のは、生後3歳までにたくさんの土壌菌を取り入れようとしているのです。この講演では、その機序について説明していきたいと思います。

 

開催日 2020年1月24日(金)
場所 お茶の水医学会館9F
講師名 藤田紘一郎(医13・昭40卒)
略歴 1964年 東京医科歯科大学医学部卒業
1970年 東京大学大学院医学系研究科終了
1971年 University of Texas, Research fellow
1972年 順天堂大学医学部助教授
1977年 金沢医科大学教授
1981年 長崎大学医学部教授
2000年 東京医科歯科大学大学院教授
2005年 東京医科歯科大学名誉教授
    現在に至る

プログラム 講演会19:00~20:15
懇親会20:15~21:00
会費 1,000円(本学学生は無料)
定員 50名
対象者 同総会員・会員家族・大学関係者・本学学生・一般の方
問い合わせ先 一般社団法人 東京医科歯科大学医科同窓会(イベント企画委員会)
担当:苅込志乃 karikomi
TEL:03-5689-2228 FAX:03-5689-2229
E-mail:ikadoso@ikadoso-tmdu.jp
備考

チラシ第24回フォーラム