イベント情報

第4回学術講演  大腸癌治療最前線

2016年9月10日(土)開催!

テーマ 大腸癌治療の現況とQOL重視の直腸癌肛門温存手術
内容

日本人の死因の第1位は癌です。なかでも食事の欧米化等に伴い、大腸癌は年々増加傾向にあり年間約12万人の方がこの病気に罹り2015年の統計で癌部位別罹患率は1位、癌による死亡数は女性で1位、男性で3位と報告されています。しかし、手術、化学療法、放射線治療等による集学的治療の進歩により同年齢の健康人と比較した場合の5年生存率は7割と治療効果の高い癌でもあります。大腸癌治療の現況と下部直腸癌に対する永久的人工肛門(元の肛門は切除されます)を回避した肛門温存手術について、解説させていただきます。

開催日 2016年9月10日(土)
場所 お茶の水医学会館9F
講師名 顕正会 蓮田病院 院長・大腸肛門外科部長
遠藤 健(医23・昭50卒)Takeshi Endo
略歴 1975年
東京医科歯科大学医学部卒業、同大学第2外科学教室入局(1976年~1978年 新潟県立十日町病院勤務)
1979年
日本赤十字社医療センター外科勤務
1988年
学位取得(第2外科)学位論文「大腸癌における組織Carcinoembryonic antigenの研究」
2007年
日本赤十字社医療センター 大腸肛門外科部長          
2010年
日本赤十字社医療センター 副院長(2015年3月退任)
2015年
顕正会 蓮田病院 院長  大腸肛門外科部長として赴任
プログラム 講演16:00~17:30(開場15:30)
会費 1,000円
定員 50名
対象者 一般の方、同窓会員、会員家族、大学関係者、学生
問い合わせ先 主催:一般社団法人 東京医科歯科大学医科同窓会(イベント企画委員会)
担当:苅込志乃 karikomi
TEL:03-5689-2228 FAX:03-5689-2229 
E-mail:ikadoso@ikadoso-tmdu.jp
〒113-0034 文京区湯島1-5-34 お茶の水医学会館7F
申込み締切 2016年8月30日(火)
備考

チラシご案内→遠藤先生講演会A